がん保険のデメリットを知る

がん保険はメリットばかりでなく、デメリットもあります。
両方をしっかり理解しておくことで本当のがん保険の素晴らしさを知ることができます。

がん保険はがん治療に特化している保険なので、その他の病気や怪我を保障してくれません。
従って他の病気や怪我を保障するためには違う医療保険に加入しなければいけませんが、がん保険と医療保険の両方に加入していると毎月支払う掛け金も大きな負担になってしまう欠点があります。

どうしても掛け金に負担を感じてしまうと思ったら、医療保険でがん治療もカバーできる特約も付けることができますが、がん保険ほど充実した内容ではないので注意しなければいけません。
がん保険は治療に専念するための保険なので、死亡した場合の保険金が少なく設定されている欠点があります。

もし死亡した際の保障を手厚くしたいと思ったら違う生命保険にも加入しなければいけません。

また待機期間という特有のルールがあるので注意しなければいけません。
待機期間とは申し込みをしてから90日間はがんに対する保障を受けることができない制度です。

すぐに保険を支給してほしいと思っても待機期間に該当したら支払われないので注意しなければいけません。
従ってがん保険は健康なうちに加入しておくことが重要になってきます。愛媛県行ってみない?